ノンダクトバスレフ

JuveAcoustics

新作SOLID DICE PR15

youtubeにユニットの比較としてFOSTEXのFE107EとMarkAudio CHN-719の比較動画を上げたのですよ。 この動画なのですが、この時久しぶりにFOSTEXのFE107Eを聴いたのですが、高域の独特の気持ち良さを再確認し...
JuveAcoustics

JuveAcousticsのノンダクトバスレフ式スピーカーについて

昨年発表したnonDuct-B124siとnonDuct-B130siは好評を頂いておりますが、今一度両スピーカーの特徴を解説したいと思います。 ブロックシリーズのスピーカーはスピーカーから音が鳴っているように感じません。他のどのスピーカー...
JuveAcoustics

ブロックシリーズについて 浮かび上がるステレオイメージ

現在ブロックシリーズは7種類のラインナップになりました。 nonDuct-B130siが4種類。The Block BeechとThe Block Ashの2種類にMAOP版2種類。 nonDuct-B124siが2種類。The Block...
JuveAcoustics

nonDuct-B130si The Block Beech MAOP

The Block BeechのMAOP版です。もともとのアルミ振動板でも私自身は120%の自信をもってお届けできる完成度です。 MAOP5はアルペア5の振動板をMAOP処理したものになります。一か月以上かけてアルペア5の振動板を酸化処理し...
スピーカー

nonDuct-B130si お客様のインプレッション2

まとめてになりますが、ノンダクトバスレフ式スピーカーが売りのJuveAcousticsのスピーカーをご購入いただいたお客様の声をご紹介します。 まずは現在のフラグシップ機であるnonDuct-B130siを導入して頂いたお客様の声です。この...
スピーカー

nonDuct-B130si The Block Beech & The Block Ash

JuveAcousticsとしてブロックシリーズを正式に販売開始いたします。 ようやく完成しましたので2種類あるnonDuct-B130siをご紹介します。白タモ材を全面に使った”The Block Ash”とブナの無垢材を全面に使った”T...
スピーカー

キャビネットの音 nonDuct-B124siのキャビネットに2インチのユニット

スピーカーはキャビネットが一番重要である、とユーヴェは主張しています。もちろん異論はあると思いますし、ユニットを変えれば音の表情はがらりと変わります。むしろ音の表情というか細かなニュアンス、音楽性などはユニットに大きく依存します。 しかし、...
スピーカー

nonDuct-B122とnonDuct-B129

以前制作・販売したnonDuct-B122というスピーカーがありました。 これです。このスピーカーは内容積を大きく取りゆったり鳴らすように設計しました。7L近い容積で低域はかなりリッチです。見かけは2ウェイですが、フルレンジ+ツィーターです...
スピーカー

nonDuct-B128と作成途中の響き全振りスピーカー

当初は127と同じように2ウェイでいこうと考えていたんですが、以前OM-MF4‐MICA用のキャビネットを作成する際に音出ししたMarkAudioのMF4が目に入ってしまいました。そういやこの優秀なユニットで126や127のようなキャビネッ...
スピーカー

nonDuct-B125si

現在ユーヴェ工房のリファレンスと位置付けている124siですが、これは斜めに仕切り板を入れています。この中高音の音漏れを軽減し、左右の側板を連結する役目の仕切り板がかなり大きな効果を発揮しています。 これは118siのものですが124siは...
スピーカー

nonDuct-B126 を少し手直し

nonDuct-B126ですが、とても良い出来と思うのですが、なんとも注目されていないというか、不人気というか。peerlessが原因なのかキャビネットに魅力がないのか考えていたのですよ。 やらかしたnonDuct-B127と比べると、確か...
スピーカー

nonDuct-B127

完成しました。 途中経過はこちら ブロックシリーズとは異なる広葉樹を使ったノンダクトバスレフ式スピーカーです。 現在アサメラ材(アフリカンチーク)を使ったnonDuct-B126がありますが、今度はアパ材(アフリカケヤキ)です。アフリカ産の...
スピーカー

nonDuct-B127 途中経過

今後の予定で少し書きましたが現在制作中のnonDuct-B127です。 6面全てアフリカケヤキ(アパ)を使ったノンダクトバスレフ式2ウェイです。3インチのユニットで一番低域にガッツがあるのがこのHiviのB3Nというユニットだと思っています...
スピーカー

nonDuct-B126

nonDuct-B126です。 最近コンパクト化するために広葉樹を使ったスピーカーを作成していますが、思いのほか好評な評価を頂いており、広葉樹を使ったノンダクトバスレフ式スピーカーもシリーズ化しようかと考えています。お買い上げいただいたお客...
スピーカー

小型バスレフスピーカーと今後の予告

まずはスキャンスピークの2インチを使った通常のバスレフスピーカーです。 10年くらい前のステレオ誌付属のユニットですが、このユニットを舐めてはいけません。きちんと設計したキャビネットに入れてあげれば驚くような音を再生してくれます。何度もこの...
スピーカー

nonDuct-B124si ブロックシリーズ フラッグシップモデル誕生!

ブロックシリーズの新作です。 nonDuct-B118si(売り切れ)はnonDuct-B115siを縦に伸ばし内容積を増やす設計でした。内容積を増やした結果低域を伸ばすこと成功し非常良い結果になった思っています。 縦に伸ばすのではなく奥行...
スピーカー

NEW LINEUPS 今後の予定 在庫セールなど

ノンダクトバスレフの3インチユニットによるラインナップを更新予定です。現在、仕切り板があり極限までキャビネットのSN比を高めるために強固に構成されているnonDuct-B115siと118siを統合します。それぞれ現在ヤフオクにて115si...
スピーカー

ノンダクトバスレフ式について

ノンダクトバスレフ式についての解説
スピーカー

ノンダクトバスレフ式 オーダー品のご紹介

以前制作のご依頼があったノンダクトバスレフ式スピーカーのオーダー品のご紹介をします。このようなイメージでの制作のご依頼がありました。
商品一覧

キャビネットによる音の違いについて

スピーカーの音は7割くらいはキャビネットが握っている、と言っていますが、いやいやユニットだろ!とおっしゃる方も大勢いると思います。ユニットが違えば音は全く別物になる、というのは同意します。 良いユニットを使えばそのユニットの音になる、という...